« Y!Mail容量拡大 | メイン | 野沢菜の浅漬け »

2004年11月07日

人間というもの 読了

人間というものを読み終えた。
ほとんどはすでに読んだことのある小説で、思い出しながら司馬文学の一節一節を読み進めていくことができた。
で、印象に残ったものは、


 竜馬は、
「人生は一場の芝居だというが」
と、かつていったことがある。
「芝居とちがう点が、大きくある。芝居の役者のばあいは、舞台は他人が作ってくれる。なまの人生は、自分で自分のがらに適う舞台をこつこつ作って、そのうえで芝居をするのだ。他人が舞台を作ってくれやせぬ」
 どうやら、竜馬がその上で芝居をすべき舞台が、そろそろ出来上がりつつあるらしい。

<司馬遼太郎著 竜馬がゆく:三>

あなたは、舞台作ってますか?
私は、まだまだ出来上がりそうにありませんが(苦笑

投稿者 macintuba : 2004年11月07日 19:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.macintuba.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/109

コメント

コメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)